チケット購入

SMALL WORLDS TOKYO Miniature contest #2第2回ミニチュアコンテスト表彰者

第2回ミニチュアコンテストに沢山のご応募どうもありがとうございました。
素晴らしい作品が多く、審査は難航いたしましたが、厳正なる審査の結果、以下の作品が受賞となりました。
おめでとうございます。

第2回ミニチュアコンテスト概要

受付期間:
2021年11月15日(月)~2022年1月14日(金)

募集作品テーマ:

「マイクロガーデニング」

     

応募全作品はこちら

金賞

紫陽花の咲く頃

紫陽花の咲く頃

今井貴裕 様

審査員コメント:
森林道の中、思わず手を合わせたくなるような光景です。立方体をうまく構成し、苔生す岩肌や丁寧に作られた紫陽花、シダ、滴り落ちる湧き水は、たっぷり水を蓄えた大地、ここから周辺に繋がる森林の起伏や山の香りをイメージさせてくれました。制作技術はいうまでもなく、様々なイメージを連想させてくれたジオラマに拍手を贈ります!(坂本敬洋)

テーマ設定や構成力、そしてそれらを的確に再現する技術力の高さ、そんな全ての実力が相まって総合的に素晴らしい作品に仕上がっていると思います。紫陽花は仲夏、入梅の季語でもあるように雨が似合う花です。しかし、この作品のようにジオラマ表現として難しい雨を使わずとも、水しぶきをあげる小滝の流れる岩影の祠へつながる参道に沿って配置した紫陽花のしっとりとした空気感は新たな表現かと関心致しました。(金子辰也)

奥深い物語の始まりを感じる作品です。高い制作技術と思い入れが見事に融合したジオラマです。 まず驚いたのは主役?の紫陽花がオールハンドメイドという事。葉の切出しもさることながら小さな花びらの表現は衝撃的です。苔むした地盤の造作や鳥居、祠など手慣れた感じがしますが日頃からジオラマを創作されているのでしょうか。背景の植生も過度にならず適度な配置に好感がもてました。 ひとつ注文するとしたらヤシの葉を使わずにシダなどを使うと更に良かったと思います。((有)和巧 代表 堀博章)

銀賞

夜桜

夜桜

シン 様

審査員コメント:
「マイクロガーデニング」のコンテストテーマに、1本桜で直球エントリーされたシンさんに執念を感じました。
無数に散りばめられた見事な花びらの集大成が素晴らしい。長い制作の道のりは大輪の桜をイメージをしながら妥協しない心意気があったからと思います。今の寒い季節、まだ遠い春を待つ心を暖かくしてくれました。蓄光塗料が使われているとのことですが、タイトル通り夜景で展示すれば、花びらを透過する光、コントラストにいっそう目を奪われたことでしょうね。(坂本敬洋)

花の表現が無くても明らかに「桜」であると判断できる幹と、末端までに至る枝ぶりのディティールの緻密さにインパクトを受けました。形状だけでなく幹と枝の色合い、さらに生え際と地面にある岩も「桜」のクオリティに劣ることなく表現されて「桜」とのマッチング性も素晴らしく感じました。また、花に蓄光塗料を用いるという斬新な表現方法に驚きました。(モーリン株式会社)

紙創り賞

夜桜

夜桜

シン 様

審査員コメント:
まず一言、お見事!桜を使った作品はこれまでに数多く見てきましたがこれほどのインパクトを与えた桜はありません。改めてお見事です。小さな商品、小さな花に作者の思い入れが見えて感動すら感じます。盆栽風なアレンジにもセンスを感じますし他の商品のアレンジ作品も見てみたくなるような素晴らしい作品です。ただ、ひとつ気になるのはタイトルの〝夜桜〟です。蓄光塗料の優しい淡さも良いと思いますが、かなうのであればLED照明に浮かび上がる幻想的な桜も是非見てみたいと思います。((有)和巧 代表 堀博章)

モーリン賞

奇跡の一本松

奇跡の一本松

椎野充 様

審査員コメント:
直立している訳でなく、微妙にしなるように曲がって伸びている陸前高田の一本松をよく観察なされたと思います。見る角度によって形状は変わって見えるので、高いクオリティの作品と判断させて頂きました。
実物の一本松は一度枯れたことによる為なのか、幹が灰色がかった色合いに見えますが、そこも忠実に色を再現されており、実感的に思いました。
また、ベースも現在の一本松が植えられている所の特徴をきちんと再現されている点も評価ポイントに入れさせて頂きました。(モーリン株式会社)

審査員 坂本 敬洋 賞

お彼岸

お彼岸

ハスラーがががっち 様

審査員コメント:
ススキやお地蔵さんを取り巻く彼岸花の細かな作り込み、紅葉のグラデーションも美しい。あぜ道の水たまりの仕上げも絶妙で、本物をそのまま小さくしたようなリアルさに目をみはります。何よりも植物だけにとらわれず、白とブルーが基調のスーパーカブを配置することで、レイアウト全体の色彩バランスが偏ることなくコーディネイトされています。とにかくお上手!(坂本敬洋)

審査員 金子 辰也 賞

ちいさなちいさなプレゼント

ちいさなちいさなプレゼント

うー 様

審査員コメント:
まずこの作品から発せられるパワーに圧倒されました。隙間なくカラフルに盛り込まれたさまざまなドライフラワーや布、粘土、ビーズなどで作られた夢のガーデンの住人たち、一見カオスに見えるこの中にもよく見ると動物のようであったり妖精のようであったりと……このガーデンから始まる次の物語に期待します。(金子辰也)

審査員 森本 天平 賞

マイガーデン

マイガーデン

清水智美 様

審査員コメント:
今回植物が題材な訳ですが、まず自分の好きな物を設定してから題材を取り入れ作品としてまとめているスタイルがとても良かったです。
結構勇気がいる構成だと思いますが上手にまとめていると感じました。
この作品で、植物はあくまでも引き立て役なのですが、丁寧に楽しみながら制作されたのも伝わりました。
作品の仕上げも綺麗です。(森本天平)

審査員 園田 真美 賞

アヒル池のある庭

アヒル池のある庭

空色工房 様

審査員コメント:
何しろ楽しい!ワクワクします。ずっと見ていたい。何かを発見したい。そんな気持ちがわきあがってきます。解説を読まずとも待ちに待った暖かい春の風が吹きぬけてゆくのを感じます。360度ぐるりとみてみた~いと思いました。(園田真美)

スモワル賞

Little gardener

Little gardener

たまおり 様

審査員コメント:
「スモワル賞」はスモールワールズ スタッフからの投票で選ばれた賞です。「かわいい!」「木の質感が良い」「全面を回してみたいです」などのコメントが集まりました。

入賞

camp

camp

かいちょー 様

審査員コメント:
SMALL WORLDS TOKYOのワークショップでご自身が塗装したプリマハムさんの公式キャラクター・あらびき星人 ‪ソップリン ‬。植物と組み合わせるとしたら何が良いのだろうか……さぞ、作者の方は楽しく想いをめぐらしたことと思います。そして、その結果がキノコだったのでは無いでしょうか~確かに、キノコと組み合わせたことでソップリンが一段と引き立てられた(美味しそうに)ように感じました?!(金子辰也)

鉢植えの庭

鉢植えの庭

TORANEKO 様

審査員コメント:
個人的に樹脂粘土を使用されてる作品が気になったのですが、植物の観察力と造形が上手だと感じました。蕾や葉の雰囲気がとても良かったです。(森本天平)

木のくうこう

木のくうこう

いちえとしお 様(6歳)

審査員コメント:
友だちをせかいじゅうにつれていきたい気持ちを感じて、そんな優しい気持ちをずっとずっと私も忘れず持ち続けたいと気がつかされました。(園田真美)

Flower Truck

Flower Truck

長瀬茂世 様

審査員コメント:
アメリカのナシュビルにあるお花を積んだ実際のトラック画像から忠実に再現した作品です。トラックはプラモデルを改造して制作し花などは紙製のミニチュアキットを組み立てたもので、その他既存にないものは自作とのこと。グリーン系の落ち着いたトーンの車の塗装色と花々のカラフルな色彩のコンビネーションが作品を魅力的に見せています。できれば、車の幌をもう少し畳んでお花たちがもっとよく見えたらさらに良かったのにと思いました。(金子辰也)

ジュニア賞

子供の遊び場

子供の遊び場

miriwota 様 (14歳)

ツリーハウス

ツリーハウス

奏志 様 (12歳)

森の中の宝物

森の中の宝物

TOUSI 様 (10歳)

なんでもなる木

なんでもなる木

千穂 様 (3歳)